ドラマ部屋

ドラマ、アニメ、好きなものを語っていきます。

ファイナルカット ドラマ 2話感想 やらかす女真崎久美子(水野美紀)が標的!

火曜21時FINAL CUT見逃しはこちら

f:id:kreik:20170130231805p:plain

この記事は亀梨和也さん主演ドラマ、12年前に殺人犯として疑われ自殺した母親の復讐劇×許されざる恋『FINAL CUT』について書いています。亀梨くんこと亀ちゃんが演じるのは中村慶介(亀梨和也)。慶介の母・恭子が経営する保育園の園児が何者かに殺害されてしまう事件から始まります。

2話感想

相関図

ちょっと亀ちゃん!!キュンキュンが止まらないんですけど!!12年前に母を死に追い込んだ事件の真相を知る為に慶介は事件当時捜査線上に浮かんだ男の家族である小河原雪子(栗山千明)と若葉(橋本環奈)の姉妹に、慶介はそれぞれ別人を装って近づいていました。若葉とはデートを重ねていましたが雪子とは進展がなく・・・。

でも若葉から姉が気になる人が出来たということを聞いた慶介。上手いことひっかかったと思ってるんでしょうね。はい、私もひっかかってます!だって!名前しか聞かず連絡先も知らない男性がまた突然現れて糸電話でお話してくれるんですよ!もっと会いたいとか!!それが亀ちゃんみたいなイケメンだったなら・・・もうキャーキャーですよ!

でもこのドラマ、そんな甘いお話ではありません。母を自殺へと追い込んだマスコミ、百々瀬塁(藤木直人)司会のワイドショー番組『ザ・プレミアワイド』の関係者にファイナルカット=誰かに見られたらその人の人生が終ってしまうような映像を使って復讐していきます。慶介は幼なじみの野田大地(髙木雄也)とともに、メディア被害を受けた人々の相談を受けるサイトを立ち上げていました。

第1話では事件当時ディレクターとして取材を指揮していた現在、プロデューサーの井出正弥(杉本哲太)にファイナルカットを突きつけ「また来る、その時あんたに頼みを聞いてもらう。あんたのこの動画をどうするかは俺の自由」と言って言うことを聞かせることに成功した慶介。今回のターゲットはディレクター・真崎久美子(水野美紀)。相談者は大家殺害事件の被害者の夫からでした。「犯人だと思われていた男性がいます。警察からも取材は自粛するようにと要請があったのにこの真崎はそれを無視して容疑者と思われる男に取材いていた。そしてその男は妻が強引に立ち退きを要求してきたからもめていた、と答えていました」

「この取材の内容が放送されてから男は逃亡しました。未だ行方が分かっていません。このアパートは妻の両親から譲りうけたもの。立ち退きも慎重に進めていました。強引に立ち退きを要求するなんてありえません。男も許せません、この真崎も。どうしたらいいですか?」と被害者遺族。

「この女、やらかすんですよね。僕もよく知ってます。真崎についてはお任せください」と慶介。12年前に慶介自身も真崎のスクープのためなら手段を選ばない取材によって傷つけられ怒りを覚えた経験がありました。「私、無実だって信じてます。一緒に犯人を捕まえましょう」と母に言った真崎。

怪しい男がいたことを真崎に伝えた母。これでやっと真実が届けられる、犯人が見つかると信じていた母と慶介。でも実際に放送された内容は母が殺された園児の保護者ともめていたということなど母が犯人であるかのように編集したものでした。母が言った男の存在のことなど一切放送されませんでした。

絶望する母の姿を見た慶介は真崎を追いかけ問い詰めますが、真崎は何も答えずふっと笑って去っていきます。怒りを覚えるも何もできなかった慶介。でも12年たった今では違います。ファイナルカットとなる映像を完成させるべく真崎のペンを盗聴器監視カメラつきのものと取り換えネタを集めていきます。

2話見逃しても大丈夫

ロゴ

そんなとき、ある電話が真崎の元へ・・・。それは逃亡中の犯人からでした。まさかの犯人が真崎の取材に応じるというのです。もちろん条件付き。その条件にも驚きますが、取材の内容も驚くものでした。でもそれ以上に驚くのが・・・。続きは是非ご自身でご確認ください。でも1話も見逃しちゃった・・・という方、大丈夫です。「フジテレビオンデマンド」があります。今からでも間に合います。一緒に『FINAL CUT』を楽しみましょう。

火曜21時FINAL CUT見逃しはこちら

f:id:kreik:20170130231805p:plain