ドラマ部屋

ドラマ、アニメ、好きなものを語っていきます。

明日の約束 6話ネタバレあらすじ キャスト仲間由紀恵と井上真央直接対決!?

『明日の約束』動画見逃しはこちら

f:id:kreik:20170130231805p:plain

この記事は井上真央さん主演ドラマ”この世でいちばん謎が残る死”の真相を解き明かすオリジナルヒューマンミステリー”『明日の約束』6話のあらすじを書いています。ついに吉岡圭吾(遠藤健慎)の母で”毒親”真紀子(仲間由紀恵)と日向(井上真央)の直接対決が実現します。

6話あらすじ

相関図

圭吾から喫煙の件で脅されていた、という話をバスケ部キャプテン長谷部大翔(金子大地)から聞いた日向。さらに自殺した朝に先輩のせいで死にますというメッセージももらっていた長谷部。仲の良かった後輩、なのに自分を脅してきた、だから無視していたら部内全員がそういう風に圭吾を扱っていた。

自分はそのことを知っていたけど自業自得だと思い放置していた。だから自分のせいで圭吾は死んでしまった、と苦しんでいた長谷部。でもマスコミの話を聞いた日向は長谷部が圭吾からメッセージを貰った時間には圭吾が既に亡くなっていたことを知ります。「どうして吉岡くんが死んだかはわからない。」

でもこの”先輩のせいで僕は死にます”、このメッセージだけは吉岡くんが送ったものじゃない。吉岡くんの言葉じゃないから」と長谷部に告げると救われたんでしょうね、泣き崩れる長谷部。喫煙や暴力問題で長谷部は大変でしょうけど日向がいれば大丈夫でしょうね。きっと支えてくれます。

では誰があんなメッセージを・・・日向は自身の経験から真紀子に問題があるのでは、と疑っています。脅迫のことにしても真紀子が圭吾にさせていたのでは?と圭吾の担任の霧島(及川光博)にも告げているくらいです。なぜなら日向自身も”毒親”である尚子(手塚理美)からの過干渉の悩まされていたから。

幼少期から成人した今でも・・・。自分と同じかもしれないと思っている日向。霧島や他の先生が思いつかないようなことも想像できるはずですよね。圭吾と仲のよかった沢井(渡邉剣)からも真紀子のせいで中学の頃はいじめられていた、脅迫もさせられてたのかもしれない、と聞いた日向。ますます真紀子への疑惑は深まるばかりです。

圭吾の自殺のことを面白いネタと言っているマスコミも「あの母親どっかおかしい。ってかあの家族壊れてるっぽい」とも聞いた日向。真紀子の正体が段々明かされていくのか!?と思っているところに真紀子と日向の直接対決です。「一度、2人きりで話がしたかった」と、突然日向の前に現れます。

真紀子は、不登校を理由にたびたび圭吾に接触していた日向にも死の原因があると怒りを露わにし、「先生のことも訴えますから」と告げます。確かに疑いたくもなりますよね、だって真紀子の知らないところで最後に圭吾と話をしたのが日向かもしれないんですから。真紀子の正体と共に日向も追い詰められていきますね。

その頃長谷部が何者かに襲われ重傷を負いました。バスケ部顧問の辻(神尾佑)に続き、また起きてしまった事件。変わり果てた長谷部を最初に発見した希美香(山口まゆ)は、現場から逃げていく犯人らしき人物を見たと話し、その証言を聞いた日向の脳裏には、ある人物の顔が浮かびます。

誰だろう。真紀子がその時に日向のところにいたとしたら違いますよね。ってことは香澄(佐久間由衣)とか?今度はこっちの番だから、と日向と話した後に呟いていましたけど・・・。いろんな問題を抱えている日向。更にプライベートでも。恋人・本庄(工藤阿須加)から、プロポーズを受けたものの、そこで脳裏をよぎったのは母の表情。

『明日の約束』を見逃しても大丈夫

ロゴ

でも黙ってるわけにはいかないですよね。日向は意を決して尚子に結婚話を告げることに…。ここから娘と母との関係に変化の兆しが見えてくる・・・って”毒親”終わりですかね!?一体どうなるのか、6話も見逃せません。見てみたい、でも1話見逃しちゃった・・・って方大丈夫です。フジテレビオンデマンドがあります。最新話が最速で視聴が可能です。今からでも間に合います!一緒に『明日の約束』をフジテレビオンデマンドで見て楽しみましょう!!

『明日の約束』動画見逃しはこちら

f:id:kreik:20170130231805p:plain