ドラマ部屋

ドラマ、アニメ、好きなものを語っていきます。

Doctor-X 4話感想 ドクターXがインオペOK!?未知子まさかのオペ失敗!?

『Doctor-X 外科医・大門未知子』見逃しはこちら

f:id:kreik:20170130231805p:plain

▼ドクターX~外科医・大門未知子~(2017)▼

『Doctor-X 外科医・大門未知子』4話見ました。森本光(田中圭)先生ですね。患者さんは内神田四織(仲里依紗)。しかも森本の彼女です。そして珍しく未知子が「致しません」とオペ中に連発。いつもなら執刀医がダメダメの時はどいてと押しのけてまでオペするのに・・・でもそれにはきちんとしたワケがありました。

4話感想

未知子

いつものようにオペしまくる未知子。「今日もお昼抜き」と不満な城之内博美(内田有紀)。「私オペ早いので」と未知子。若手医師たちも「まだやんの?」「オーバーワークだろ」とぼやきます。だってオペ3本連続(笑)さらに「次の患者準備しといて。これ終わったらすぐオペ」と。さすが趣味特技オペ。

そんな中未知子に憧れてる森本は「さすが大門先生」とオペにほれぼれしますが未知子の思うとおりの助手が出来ずに「下手くそ。何年外科医やってんの。失格!助手チェンジ」と言われてしまいます。さすがに凹んだ森本。それを追い込むように鳥井高(段田安則)から論文の資料を手伝うように言われてしまいます。

大量の資料、誰かに手伝って貰えばと言われますが未知子はじめ若手医師たちは定時になったから帰ると教授がいるにも関わらず帰宅。落ち込む森本を原守(鈴木浩介)が婚活パーティーに森本を誘います。乗り気ではなかったはずの森本・・・婚活パーティーで素敵な出会いがあったのか酔っ払いか!?ってくらいテンションがおかしく笑いがとまらりません(笑)

他に数人持っていたプロフィールは原に渡す森本。いいこいるかなーと資料を見ますが言葉が出ない原。「ぼ、僕のことは気にせず・・・」と森本に苦笑いで言う原でしたが「っていうか結婚しちゃいなよ!」とキレます(笑)そりゃそうですよね、だって誘ったのは自分なのに森本のがいい出会いをしていい思いしてるんですから。

更に後日原が森本に「その後どうなの?」と尋ねるとなんと婚約までしてるという森本。幸せいっぱいの森本の元を四織が訪れます。そして気に入った式場の予約をしてきた、と嬉しそうに報告。そんな中、四織は倒れてしまいます。検査の結果、肝臓がん。しかもこのまま放置しておくと3ヶ月で・・・と未知子。

ショックが大きい森本は倒れそうになりますが「治せばいいんでしょ」と未知子。憧れの未知子にそう言われなんとか気持ちを落ち着かせた森本は「本人と話してきます」と四織の元へ。癌について説明しているとそこに海老名敬(遠藤憲一)がやってきます。「内神田って苗字珍しいですよね」と話をするとなんと四織は「日本医師倶楽部」会長・内神田景信(草刈正雄)の娘であることが判明します。

その事実に「東帝大学病院」の院長・蛭間重勝(西田敏行)も大慌て。内神田は蛭間も頭が上がらない人物。絶対に失敗できないオペ。蛭間は猪又孝(陣内孝則)、海老名、鳥井の外科副部長「3たかしトリオ」でオペをするように指示。未知子も自分が切ると言って四織の元を訪れますが、3たかしからこの患者には近づくな、と押しのけられます。

「我々教授チームがオペをします」と四織に告げると四織は「森本先生にオペしてもらいます」と。「それじゃ死んじゃうよ」と未知子。ちょっと(笑)3たかしも「このオペは簡単なものではない。森本くんは経験不足かと」と言いますが四織はそんなことないと否定。「森本先生は大学病院にいる学歴が白衣をきたような人ではありません」と言います。3たかし視線が下に(笑)

「キューバの医大を出て、船医、獣医、軍医の資格まで持っていて。さらに趣味特技がオペ。そんな素晴らしいお医者さまがどこかにいますか?」とキラキラした目で語る四織。それって未知子のことじゃ、森本先生(笑)四織とは対照的に冷たい目をする教授チーム。ニヤニヤする未知子。焦る森本。「私絶対森本先生の手術以外うけません」と改めて四織。

医局に戻り教授に説教される森本。「出世に興味がないとか言いながら会長の娘をね~」と言われ「僕は会長の娘とかどうでもいいんです」と森本が説明しますがそこにキレまくった原先生乱入(笑)「うそつけこの偽善者!嘘八百並べて会長の娘ものにしたくせに。この詐欺師め!おい、キューバなんていつ行ったんだよ」

「獣医の免許あるなら見せてみろよ、犬怖いとか言ってたくせに。誘ってやった俺を出しぬきやがってこの裏切り者め!」っていつもの原先生どこにいったの(笑)そしてやっぱり森本だけに素敵な出会いがあったのがそこまでひっかかってたのね(笑)「大門先生、この男詐欺で訴えましょうよ!」と言うと「きんちゃん、うるさい」とばっさり。

「きんちゃんって俺原守~」と泣き崩れる原。未知子から近所のケーキ屋のきんちゃんだと思われてる原。でもここまで未知子が相手してくれて間違ってるとはいえ未知子に覚えられてるんだからある意味愛されてますよね(笑)このコントをとりあえず見ていた教授たち「とりあえずこの手術は君には無理。降りなさい」と森本に告げます。

それでも四織は森本以外の手術はうけない、と拒否。蛭間は3たかしに「だったら森本先生の助手として入りなさい」と言いますが3たかしは納得がいかず拒否。すると森本が未知子に助手を頼めないかと提案。蛭間をそれを了承しますが3たかしは「大門は助手には入らないかと」「大門の説得は難しいです」「助手致しません。私が切るっていいますよ」と否定。

「あれも嫌、これも嫌ってアンタら子供か!」とキレる蛭間。「土下座してでも大門未知子に助手してきなさいってお願いしてきなさいよ」と自分の保身のためにも必死な蛭間。それはもちろん教授たちもですよね。3たかし土下座します。でも未知子は「助手致しません」と速攻拒否。そして「私が切る」です。猪又当たりましたね(笑)

「少しは下を育てようとは思わないのか」と猪又。「それって医師免許必要ですか?」と未知子。一瞬考えますが「必要だよ」と猪又。それでも致しませんの未知子。猪又が入ったことでまた更にコント感も増して第5シリーズも面白いですね。お願いを聞いてもらえない森本はお昼に行った未知子を追いかけ「僕の代わりに切ってもらっても構いません。患者さんには内緒で。四織さんを救いたいんです」と土下座。

「だったら自分でやれば」と未知子。「僕は自分を知ってます。僕の腕は三流で・・・。だから僕は患者さんをみる医者になろうと決めました。そうしたら大門先生とは違いますが、いい外科医になれるかと」と森本。「意味わかんない。自分は何にもしないで人任せ。ぐずぐずしないでオペの準備でもしたら。病気じゃなくて患者をみる?患者さんって治してもらいたくてここにきてるんじゃないの」と未知子。

どんなに説得されても森本の手伝いをしない未知子。でもこれって未知子の優しさでもあるんですかね。そうは見えないですけど。誰よりも患者さんを大事にしている未知子ですから。森本は権力のために未知子を利用しようとしているわけじゃないことくらい未知子にだって分かってますから。

自分の腕には自信がない森本ですが四織の為に頑張ってオペの準備をして執刀します。そこには揉めていた原も。そして未知子も。でもやっぱり森本ではどうしようもなくなってしまい未知子の出番かと思ったらなんと「致しません。執刀医どうするの?」と森本の意見を聞きます。そしてインオペ。

まさかの未知子はインオペを認めます。執刀医を押しのけて閉じるな!と今まで言ってきた未知子が。更に「私失敗しないので」とも聞けなかったオペ。四織の意志もあり内神田会長には入院と病状のことを伝えていなかった蛭間達。手術は失敗、ばれる前に四織を転院させようともくろみます。

見逃したら

ロゴ

諦めきれない森本は必死で説得します。そんな時、原が「大門先生がオペはじめちゃいました」と報告に。インオペにしたのにはきちんと理由がありました。それは・・・ご自身でご視聴ください。更にこの四織さんにはまだ秘密が隠されていました。気になる~見逃しちゃったから・・・って方大丈夫です。U-NEXTなら1話から視聴可能です。今からでも間に合います。一緒に『Doctor-X 外科医・大門未知子』第5期をU-NEXTで楽しみましょう。

『Doctor-X 外科医・大門未知子』見逃しはこちら

f:id:kreik:20170130231805p:plain

▼ドクターX~外科医・大門未知子~(2017)▼