ドラマ部屋

ドラマ、アニメ、好きなものを語っていきます。

僕たちがやりました 2話あらすじ 1話動画見逃し視聴方法紹介

動画『僕たちがやりました』見逃しはこちら

f:id:kreik:20170130231805p:plain

▼僕たちがやりました▼

1話で矢波高1の不良、市橋哲人(新田真剣佑)とその仲間達からボコボコにされたマル(葉山奨之)。トビオ(窪田正孝)、イサミ(間宮祥太朗)、パイセン(今野浩喜)は矢波高に爆弾を仕掛けるという復讐を計画し実行します。でもその爆弾、窓ガラスが割れる程度の爆弾です。それが大爆発を起こしてしまいワケもわからないまま目の前で矢波高が火の海に。

2話あらすじ

トビオ

イタズラ心でしかけたはずなのに、10名者死者を出すという大惨事になってしまいました。市橋も死んでしまったと蓮子(永野芽郁)から聞かされたトビオは動揺します。逮捕されるかもしれないとおびえるが、パイセンは仕掛けた爆弾にはあれほどの大爆発を起こすほどの威力はないため、別の何者かの仕業に違いないと言い出します。

警察はテロの可能性も含めた爆破事件として捜査を開始します。そんななか、矢波高の教師・熊野直矢(森田甘路)が犯人を見たと名乗り出ます。爆弾を仕掛けた日、侵入したトビオ達(頭に動物のかぶりものかぶってましたけど)を見つけていましたし。翌日、矢波高生とマルのトラブルを知った刑事の飯室(三浦翔平)らが凡下(ぼけ)高を訪れます。

担任の菜摘(水川あさみ)に事情を聞きますが、凡下高生の関与を否定します。でも菜摘は事件の前夜に矢波高から出てくるトビオらを見ていました。パイセンは被り物をしてませんでしたから顔が見えていたはず・・・。パイセンとつるんでいるのはトビオたち・・・何か関係しているかも、と心配になりますよね。

トビオは捜査の手が自分たちに及ぶことに不安を募らせます。「俺らが仕掛けた爆弾とあの大爆発が、無関係のはずがない」とパイセンに説明。ようやく深刻な状況を悟ったパイセンは、トビオ、伊佐美、マルに集合をかけ、それぞれに300万円を渡し、事件について絶対に誰にも言うなと口止めします。

真相を知るのは4人だけで、何も無かったことにすればこれまでの日常が取り戻せると思った3人。パイセンの提案をのんで300万円を受け取ります。そして「何も無かったぁ!!!」と盛り上がるトビオらでしたが、そのときとんでもないニュースが舞い込んで・・・。が2話のあらすじです。

パイセンの口止め料が300万ってすごいですね。ホントどこから手に入れてくるんでしょうね。それだけお金があれば職に就かなくて毎日トビオ達と遊んで暮らせますよね。毎回おごってるみたいだし。マルが「パイセンはおごってくれるから好き」と言うくらいですから。トビオとマルが最初に市橋や矢波高生に絡まれた時もお金で解決してましたし。これ毎回なんでしょうね、トビオ達が「きたー上乗せ!」とかテンションあがって心の中で叫んでたくらいですから。

見逃し動画おススメ

ロゴ

パイセンが何故お金もちなのか?という謎は次第に分かってきます。まさか!な展開ですよ(笑)原作だとそこまでないんですけど、パイセンを演じているのが今野さんってのが結構大きいかもしれません(笑)2話の放送が楽しみです。その前に1話を見逃してしまった!という方大丈夫です。フジテレビオンデマンドなら1話視聴が可能です。フジテレビオンデマンドで『僕たちがやりました』を一緒に楽しみましょう。

『僕たちがやりました』見逃し動画をみるならFOD(フジテレビオンデマンド)

動画『僕たちがやりました』見逃しはこちら

f:id:kreik:20170130231805p:plain

▼僕たちがやりました▼