ドラマ部屋

ドラマ、アニメ、好きなものを語っていきます。

クライシス(CRISIS)6話動画見逃し視聴方法 まさかの5話続編!?

『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』動画見逃しはこちら

f:id:kreik:20170130231805p:plain

この記事はドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』のあらすじやネタバレについて書かれています。未見の方は閲覧に注意してください。また、第1話、第2話、3話を見逃した方のために動画を視聴する方法も書いています。『CRISIS』見てみたいんだけど、1話、2話、3話を見逃してしまった・・・という方も今から追いついて視聴できますのでぜひお読みになってください。

6話感想

ロゴ

6話感想

6話始まって驚きました!!だって、5話のラストの「仕事だ!」という吉永(田中哲司)セリフから始まったんです!前回の続きから、って感じでした。1話完結型のドラマ『CRISIS』初の続編です!って勝手に思ってます(笑)今回は11年前の爆弾テロ犯、里見(山口馬木也)がコンビニの防犯カメラに写っていた、ということから始まります。

その防犯カメラには強盗に入った男がうつっていました。え?この人!?と思ったら強盗犯は店員に抑えられたそうです(笑)捕まったんですね。11年も逃亡している指名手配犯が強盗で捕まるなんてことないですよね(笑)それで捕まったら11年間はなんだったのか!?って感じですね。

強盗犯に驚いているお客さんが里美でした。田丸(西島秀俊)が気づきます。で、このあたりに住んでいたとか知り合いがいた、とかいった情報はないため、次のテロの下見ではないか、と上が危惧していると吉永がいいます。「じゃあさっさと捕まえましょう」って稲見(小栗旬)がいいます。

5話の鍛治(長塚京三)との「権力に俺が逆らったら消しますか?」の緊迫したやりとりから、神谷(石黒賢)の逮捕もあってちょっと元気でたのかなーと安心しちゃいました。勝手に連動してますね、やっぱり(笑)だって、「稲見と田丸は待機だ」と吉永に言われて変顔できるくらいですから(笑)

田丸は稲見を地下鉄駅に誘います。11年前に里美が起こしたテロについて話します。マークしてたはずのカルト教団が予想外のテロを起こしたと。その話をしているときに防犯カメラに映っていた里美と同じような服装をしている人を発見します。振り返ったその人物は違う人でしたが「これがテロの恐ろしさだ」と田丸は言います。

テロの予兆を感じるだけで誰もかれもが怪しく見える、平穏だった日常に日々が入る。そこに本当のテロが起これば日常は破壊される。壊れたら最後、2度と同じ形には修復できない・・・。田丸のいうことって重いですよね、ズシっときます。やっぱりそれだけ捜査でいろんなことを経験してきたんだろうなと思いますね。どんな過去が田丸にあるんでしょうか・・・。

里美が発見されて鍛治に青沼(飯田基祐)がいいます。「里美に深入りしないほうがいいのではないか」と。「心配性だな、里美は警察にとって靴の中の小石のような存在。取り出さないといけないんだ。」と鍛冶はいいます。「小石ならいいんですけど」と青沼。「小石じゃなくてもしかしたらダイアモンドだったりして」・・・ってことはやっぱり鍛冶が何か企んでますね。

警視総監の乾 陽一(嶋田久作)から特捜班をうまくつかうように、と圧力がかかった、とあらすじにあったので乾から言われて里美の捜査を命じられたと思ってたんですけど、鍛冶から動いてたんですね。そのあとに乾から電話で呼ばれうまくつかうように、と言われてたみたいですね。なんだ違った。

でも、鍛冶が企んでるのは間違いないですね。前回は神谷の少女買春事件を庇ったけど5話では神谷が特捜班を囮に使い、稲見が危険な目にもあったこともあってか鍛冶は「例の件を進めてくれ」とどこかに電話をします。そして翌日神谷は逮捕というニュースが流れました。で、鍛冶はいい人かも!!って思いましたけど、本当のところはどうなんでしょうね。まだまだ6話は続きますが語るのはまた次回。長くなりそうです(笑)

そして翌日神谷は逮捕というニュースが流れました。で、鍛冶はいい人かも!!って思いましたけど、本当のところはどうなんでしょうね。

見逃し動画おススメ

稲見

6話も語りまくりたい!!そんな語りまくりたくなるドラマ『CRISIS』を見てない!!って方大丈夫です。フジテレビオンデマンドがあります。1話から最新話の6話まで視聴が可能です。今からでも間に合います!一緒に『CRISIS』をフジテレビオンデマンドで見て楽しみましょう!!

『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』動画見逃しはこちら

f:id:kreik:20170130231805p:plain

本日も最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。宜しければ[B!]ブックマークボタンより、ブックマークコメントをお気軽にお願い致します。感想、ご指摘などなどなんでも構いません。いただけると励みになります。今後とも当ブログ「ドラマ部屋」をどうぞよろしくお願い致します。