読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ部屋

ドラマ、アニメ、好きなものを語っていきます。

ドラマクライシス(CRISIS)5話感想 長塚京三流「おとしまえ」ヤバすぎ!!

ロゴ

この記事はドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』のあらすじやネタバレについて書かれています。未見の方は閲覧に注意してください。また、第1話、第2話、3話、4話を見逃した方のために動画を視聴する方法も書いています。『CRISIS』見てみたいんだけど、1話、2話、3話、4話を見逃してしまった・・・という方も今から追いついて視聴できますのでぜひお読みになってください。

『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』動画見逃しはこちら

f:id:kreik:20170130231805p:plain

5話感想です

稲見

5話は稲見(小栗旬)が仁愛工業に潜入捜査し、政治献金のからくりを巧みに利用して政治家たちを恐喝している疑いがありその証拠を集めろ、という任務でしたが・・・実際には違いました。鍛治(長塚京三)は官房長官の神谷(石黒賢)に依頼されこの件について動いていました。 神谷は「君にはお世話になってる、いいのを作ったねー特捜班。君の出世は間違いない」と言います。

2話の少女買春事件に関わっていただろう神谷。神谷のガードについていた男が少女を消そうとしていました。ってことは間違いなく捜査をやめるように言ったのは神谷ですよね・・・。神谷の為に鍛治捜査を辞めさせた。出世の為に・・・今回もまた自分のためにまた企んでいる・・・と思いました。でも違いました!

暴力団員が殺された後、鍛治は「特捜班をおとりにしましたね」と神谷の元を訪れます。そして事件の真相を聞かされます。ある巨大な企業が麻薬取引で膨大なお金を手に入れようとします。その仲卸をしていたのが仁愛工業。仁愛工業は企業を脅していない。それ以外にも他の麻薬取引にまで手を出そうとした。

企業と関係者にとっては脅されていなくても、仁愛工業が他の取引で警察に捕まってしまったら芋づる式に自分たちのこともバレてしまう。脅しと一緒だ。だから仁愛工業を消したかった・・・。神谷は「この教訓は何かわかるか?力を持たない者が力を欲をかくと、ひどい目に合うってことだよ」

為になっただろう、と神谷。笑って去っていこうとしますが、鍛治は「私の部下が銃撃戦にあい、危険な目にあいました。その落とし前はどうつけていただけるんですか?」と神谷に言います。あれ??なんか怒ってる??神谷も「暴力団みたいな言い方はやめなさい。カリでいいだろう」と。

外に出た鍛治を待っていたのは稲見。黒幕を知りたくてつけていたみたいですね。稲見は「自分が流した情報で人が死んだ。薄汚い計画に加担したんです。」と。沢田さんに情がうつってたから余計に罪悪感がヤバいんでしょうね。鍛治は「あいつらは悪人だ。悪も善もとりこんでしなやかに動け。そうして力を蓄えていつか悪をたたけばいい」

「屁理屈です」と稲見。「そうかもしれないが一気にはできない。目指すものに向かって進むだけ。俺についてくるか」と鍛冶。稲見は考えさせてくださいといって去ろうとしますが、振り返り「俺が権力に逆らったら殺しますか?」と鍛冶に問いかけます。何も答えない鍛冶。去っていく稲見を見つめ鍛冶は電話をします。

「例の件を進めてくれ。マスコミも忘れずに。すべての責任は俺がとる」相手は青沼(飯田基祐)ですよね、忠実な部下ですから。なんのことかな、と思っていたら、神谷が少女買春容疑で逮捕、のニュース。え――――――!!!です。ビックリですよ。まさかです!逮捕!?って・・・この件か、鍛冶さん。

今まで悪人では?と思っていた鍛冶さん。今回は稲見を危険な目に合わせた、稲見に心の傷を負わせた、ということに怒りを覚えての行動ですよね??自分の特捜班を利用されたから、とかではないですよね!?自分に見返りがなかったから・・・とかではなく。鍛冶にも稲見のような過去があるのかもしれませんね。

稲見に言った「悪も善もどちらも受け入れろ。蓄えた力でいつか本当の悪をたたけ」と言う言葉は実体験からの言葉かもしれませんね。特捜班の過去も気になりますが・・・鍛冶の過去も気になります!!何故特捜班を作ったのか、わかる回がくるんでしょうか!?楽しみが増えました!

見逃し動画おススメ

鍛冶

悪人!?それとも部下を守る為に、ないい人!?鍛冶に更なる謎が増えた5話、今後も目が離せません!!そんな『CRISIS』をまだ見てない!!見逃してる!!でも見てみたい!という方、大丈夫です。フジテレビオンデマンドがあります。1話から最新話の4話まで視聴が可能です。今からでも間に合います!一緒に『CRISIS』をフジテレビオンデマンドで見て楽しみましょう!!

『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』動画見逃しはこちら

f:id:kreik:20170130231805p:plain

本日も最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。宜しければ[B!]ブックマークボタンより、ブックマークコメントをお気軽にお願い致します。感想、ご指摘などなどなんでも構いません。いただけると励みになります。今後とも当ブログ「ドラマ部屋」をどうぞよろしくお願い致します。