ドラマ部屋

ドラマ、アニメ、好きなものを語っていきます。

クライシス(CRISIS)ドラマキャスト長塚京三(鍛治大輝)の笑顔が恐怖!

ロゴ

この記事はドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』のあらすじやネタバレについて書かれています。未見の方は閲覧に注意してください。また、第1話を見逃した方のために動画を視聴する方法も書いています。『CRISIS』見てみたいんだけど、1話見逃してしまった・・・という方も今から追いついて視聴できますのでぜひお読みになってください。

楽しみに待っていた『CRISIS』、ヤバいです!カッコいい!!大人の色気が半端ないです、西島さん!!小栗さんのアクションとキャラも最高です!!そして想像してたのと違う!!と言う点が結構ありました。もっとクールなキャラばっかりだと思ってたんですけど・・・特捜班では笑顔もあり、冗談もあり、毒舌あり・・・と思わず笑ってしまうようなシーンもありました。

『CRISIS』動画1話視聴方法はこちら!

f:id:kreik:20170130231805p:plain

特捜班メンバーだけじゃない!この人からも目が離せません!

鍛治

そんな特捜班を作ったのが長塚京三さん演じる警察庁警備局長・鍛治大輝。公安機動捜査隊特捜班を自身直轄の秘密部隊として組織した鍛治は極めてドライかつ合理的な考え方をする切れ者です。1話で起きた新幹線での爆弾事件についても「痛快、愉快とはこのことだね」と新聞の記事を見ながら笑って言います。

鍛治の忠実な部下の青沼祐光(飯田基祐)は「偶然」だといいますが、「君も上に行きたいなら偶然は信じないほうがいい。国家を揺るがす犯人相手に、立ち向かう側が規格外でなくてどうする!!」と。このシーンで私、無茶やってもいいってこと!?いい上司なんじゃ??とか思ってしまいました。はい、設定をこの時点で忘れてました(笑)後からこの考えは覆されますけどね(笑)

1話の後半は現職の外務大臣の息子が爆弾を巻かれ、息子の罪を隠蔽してきた罪を認め、謝罪しないと息子の命はないと要求。その事件を見事に特捜班が解決すると、鍛治は電話相手に「私の直轄の組織が解決しました。またお願いします」青沼には「俺のサラブレットたちはよく走ってくれる」と言います。青沼「その馬たちは一度骨折しています、走りには注意を」鍛治「また骨折したら安楽死させたらいい」と笑います。

はい、いい上司説撤回。特捜班のことをどう考えているのか、彼らを使ってどうしようとしているのか・・・その目的はわかりませんけど、自分の為ってことだけははっきりしましたね。今後も笑顔できついこといってくれるんでしょうね。どの話で鍛治の本心が出てくるのか・・・楽しみです。

演じてる長塚さんのコメントにあったのですが、「何を考えているかわからない男、と言えば長塚でしょう」と監督からお声がかかったそうです。めっちゃ納得ですね(笑)何考えてるか全く読めません。そしていい人そうに見えて実は何かたくらんでいる人っていう役、長塚さん似合います。

「俺のサラブレッドたち」「また骨折したら安楽死させたらいい」という言葉の数々・・・長塚さんは「僕にとってのアクション」と言われてますが、まさにその通り!物静かな佇まいと静かな笑みをたたえながら、ですからより威力が増します。流石の演技力です。今後の怪演が楽しみですwww

1話見逃した・・・視聴方法ご紹介します

特捜班

1話を見逃しちゃった・・・どうしよう・・・な方、大丈夫です。放送終了後最速で動画を視聴する方法があります!それはフジテレビオンデマンドです。火曜日23時半に最新話が見れちゃいます!これで水曜日は『CRISIS』の感想を語り合えますよ!ドラマ『CRISIS』をフジテレビオンデマンドで一緒に楽しみましょう。

『CRISIS』動画1話視聴方法はこちら!

f:id:kreik:20170130231805p:plain

本日も最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。宜しければ[B!]ブックマークボタンより、ブックマークコメントをお気軽にお願い致します。感想、ご指摘などなどなんでも構いません。いただけると励みになります。今後とも当ブログ「ドラマ部屋」をどうぞよろしくお願い致します。