読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ部屋

ドラマ、アニメ、好きなものを語っていきます。

CRISIS(クライシス)第一話 あらすじ、小栗旬ついに始動!!

ロゴ

ついに放送されます!!小栗旬さん主演、金城一紀さん原案・脚本『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』。いよいよ今夜放送・・・朝からテンションがヤバいです!!『嘘の戦争』が終ってから早く始まらないかなーと楽しみにしていました!!1か月、長かったです!!『嘘の戦争』は言葉でのバトル、心理戦でしたが、『CRISIS』はアクションが魅力ですね!

f:id:kreik:20170130231805p:plain

第1話の敵は正体不明のテロリスト相手。テロリストのターゲットは、親の権力に守られ、罪を免れてきた政治家の息子・・・。親の権力を好き勝手に利用してきたんでしょうね!!この息子!!で、そのテロリストは大事な人を傷つけられた、殺された、とかですかね!?この時点でドキドキしてしまいますね!!

放送前に『CRISIS』のおさらい

特捜班メンバー

『CRISIS』・・・主人公・稲見朗(小栗旬)や田丸三郎(西島秀俊)が所属する公安機動捜査隊特捜班は元自衛官や元ハッカーなどなど、各分野のスペシャリスト達が集結した警察庁警備局長直轄の秘密部隊。常識では計れない規格外の高度な政治的案件を扱うとともに、時には国家の「汚れ仕事」もこなす組織。

彼らが立ち向かうのは規格外の敵。国家転覆をたくらむテロリストや新興宗教団体、軍事スパイ、麻薬密売組織、そして本来ならば国民を守るべき存在の政治家達も・・・。刻々とタイムリミットが迫る危機的状況の中で、規格外のチームが奮闘します。臨場感と握力ある映像は視聴者が特捜班の一員になったような気分でハラハラドキドキを味わえる作品。

第1話は・・・

稲見

ある日、高層ビルが立ち並ぶ広場に、首に爆弾を巻かれた宇田川圭介(白洲迅)が現れ、辺りは騒然となります。宇田川は現職の外務大臣の息子。これまで薬物や傷害など数々の罪を犯してきたが、親の権力によって逮捕を免れてきた、いわくつきの人物です。犯人は、息子の罪を隠ぺいした外務大臣に、夜のニュース番組での公開謝罪を要求します。できなければ公衆の面前で圭介を処刑する・・・。

鍛冶大輝(長塚京三)からの指令を受けて現場に急行した稲見や田丸、樫井勇輔(野間口徹)、大山玲(新木優子)ら特殊班のメンバーは親の権力をいいことにやりたい放題の圭介に反感を抱きつつも、班長・吉永三成(田中哲司)の指示で実行犯の逮捕に向けて動き出します。タイムリミットが迫るなか、稲見と田丸は事件の鍵を握る人物に接触します。

そこで、ある驚きの事実を知ることになります。さらに稲見は犯行現場に関して“ある疑問”を・・・。っというのが第1話のあらすじです。犯人とのアクションにも期待ですけど、ストーリーも気になりますね!犯人の狙いが復讐の可能性もありますし・・・被害者である宇田川大臣もしくは息子の圭介の方が加害者の可能性も高いですね!

そして衝撃の事実が気になりますね!これが犯行の動機かもしれませんね。そして犯行現場に関しての疑問とは・・・。圭介が起こした罪に関係しているのかも・・・。「何のために俺たちは闘ってるんだ・・・悪人の為に犯人逮捕してるのか!?」という特捜班の葛藤も見れるかもしれませんね。『CRISIS』は今夜、4月11日21時から放送スタートです!!

f:id:kreik:20170130231805p:plain

本日も最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。宜しければ[B!]ブックマークボタンより、ブックマークコメントをお気軽にお願い致します。感想、ご指摘などなどなんでも構いません。いただけると励みになります。今後とも当ブログ「ドラマ部屋」をどうぞよろしくお願い致します。