読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドラマ部屋

ドラマ、アニメ、好きなものを語っていきます。

金城一紀の新作、CRISIS の魅力は激ヤバアクション!!

ロゴ

この記事は4月11日21時放送スタートのドラマ『CRISIS 公安機動捜査隊特捜班』について書いています。このドラマの原案・脚本は金城一紀さん。V6の岡田准一さん主演の『SP』や小栗旬さん主演の『BORDER 警視庁捜査一課殺人犯捜査第4係』など超話題作を生み出してこられた方です。

金城さんについて

金城

金城さんは、1968年10月29日生まれ。中学校までは民族学校(朝鮮学校)に通い、朝鮮籍から韓国籍に変えたのを機に日本の高等学校に通う。さまざまなジャンルの本を読む日々を過ごした。1998年、『レヴォリューションNO.3』で小説現代新人賞を受賞。2000年には、自身の生い立ちが元の半自伝小説『GO』を出版し直木賞を受賞。

『GO』は映画化、国内の映画賞を総なめにした。多くの作品が漫画化・映像化されており、『SP 警視庁警備部警護課第四係』などでは自ら書き下ろしの脚本を手がけている。作品の内容がリンクしていることが多い(ゾンビーズ・シリーズなどにおける「主人公以外の登場人物が別の作品では主人公である」や「SPEED」の舞台である永正大学が「SP」に登場したり・・・)

f:id:kreik:20170130231805p:plain

『CRISIS』は5年前から小栗さんを主演にと、構想を練ってきたドラマ。『BORDER』の時に小栗さんに次はこれ、といった話をしていたそうです。でも題材として描きづらい作品だし、実現するのは難しいだろうと小栗さん自身も諦めていたそうです。金城さんの新作はそれほどのの作品!ということですよね!

最強のドラマCRISIS

キャスト

そんな期待大のところに共演が初めての西島さんとくれば・・・最強ですよね!しかもこのドラマの見どころ・・・アクションです!ヤバいですよね!小栗さんと西島さんのアクションですよ!!どちらもめっちゃアクションしてる!!なイメージが強いお2人。そんなお2人は1年前からアクションの練習をしてきたとくれば・・・ヤバすぎですね!!KO!!ですね。

金城さんが「カリ・シラット」習得されていて、そのもとで訓練をしてきた、しかもドラマのアクションは金城さん監修・・・。西島さんは「今までの現場ではOKが出ているところでももっと質の高い動きを求められる」というくらいのレベルの高さ。期待度はMAXだと思ていたのですが・・・まだまだあがりそうです!!

主人公の稲見朗(小栗)や田丸三郎(西島)、吉永三成(田中哲司)、樫井勇輔 (野間口徹)、大山玲(新木優子)ら人に言えない過去を持つ、各分野のスペシャリストが結集した警察庁警備局長直轄の秘密部隊・公安機動捜査隊特捜班が、テロリストや新興宗教団体、軍事スパイ、麻薬密売組織など規格外の敵に立ち向かう様を描く、アクションエンターテインメント。

規格外のストーリーもですが、規格外なアクションに期待したいと思います。直木賞作家の金城一紀の新作、アクションが魅力の1話完結ドラマ『CRISIS』の放送、絶対に見逃せません!!イケメンのアクションを見てドキドキハラハラしまくりたいと思います(笑)4月11日が待ち遠しいです!!

f:id:kreik:20170130231805p:plain

本日も最後まで読んでいただき、誠にありがとうございます。宜しければ[B!]ブックマークボタンより、ブックマークコメントをお気軽にお願い致します。感想、ご指摘などなどなんでも構いません。いただけると励みになります。今後とも当ブログ「ドラマ部屋」をどうぞよろしくお願い致します。