ドラマ部屋

ドラマ、アニメ、好きなものを語っていきます。

僕たちがやりました 1話感想 動画視聴方法もご紹介

『僕たちがやりました』動画見逃しはこちら

f:id:kreik:20170130231805p:plain

ついに始まりました実写化困難と言われた漫画原作『僕たちがやりました』。どこから始まるのかな~と思っていたら矢波(やば)高に爆弾を仕掛けた後走ってその場から逃げてる所からでした。あ、もう逃走してるのかな?と思ったらみんな仕掛け終わったことで笑ってたし、逃走前のまだ楽しい時間だったみたいですね。

1話感想

トビオ

パイセンに「歳きた」とか言ってましたけど。それリアルすぎますね(笑)だってパイセン役の今野浩喜さん38歳ですよ(笑)主演でトビオ役の窪田正孝さんが28歳、イサミ役の間宮祥太朗さんが24歳、マル役の葉山奨之さんが21歳・・・高校生役の3人の中で1番年上の窪田さんとOBの今野さんでも10歳の年齢差があるわけですからね。今野さんホントにばてて見えました(笑)あれはマジだったんじゃないなかなと(笑)

そんな楽しそうなシーンの後で、矢波高で大爆発が起こり学校が火の海という状況を、一体何が起こったんだ、信じられない、という表情で見ている4人・・・。1話は一体なぜこのような状況になったんだ、というところまででした。普通に登校しているトビオ、イサミ、マル。そこから凡下(ぼけ)高の生徒が矢波高の生徒に絡まれているのを見ます。

「見てみないふり」と3人はそのまま登校。凡下高の生徒に暴行するという事件が多発しているとトビオたちの担任教師・立花菜摘(水川あさみ)も生徒達に注意。警察が動くというほどの事態になっていました。この件で動いていたのが刑事の飯室成男(三浦翔平)。もっとクールなだけかと思ったんですが、かなり冷たそうでした。

捜査の為なら何でも・・・な感じ。刑事というよりもヤクザじゃ!?と思わず突っ込んでしまいました。そんな事件が起こっている中、トビオとマルは矢波高の生徒がカツアゲしているのを目撃してしまいます。マルが聞こえないように小声で「死ね」と。トビオが必死に止めますがマルは続けます。

すると後ろから矢波高1の不良、市橋哲人(新田真剣佑)とその仲間が聞いていました。マルが狙われるのは凡下高の生徒が矢波高の生徒に何かされてる時なのかな、と思ってたんですけど違ってたんですね~。で、そのせいでトビオまでとばっちりうけそうになります。その場でやられそうになったマルとトビオはパイセンのおかげで助かりますが、翌日。

蒼川蓮子(永野芽郁)が橋と一緒に朝帰りするところに遭遇してしまいます。そこで市橋から「お前昨日の死ねっていってたやつの仲間だな。(バイクの)後ろに乗れ」と言われます。「俺言ってないです」と必死になるトビオ。完全にマルのとばっちりですね。そこは蓮子が「トビオはつまんないよ。それよりも家誰もいないから・・・」と市橋に抱き着いて話をそらします。

市橋もマジで!?みたいな顔してました(笑)あれ?不良だけど遊び慣れてるわけじゃないの?(笑)そのままトビオは登校しますが、2人がどうなったのか気になって仕方ありません。その場はなんとかなりましたがそれで終わるわけがありません。マルが1人でいるときに市橋の仲間に連れて行かれボロボロにされます。

トビオは復讐を計画します。それが爆弾を仕掛けるというもので、冒頭の大爆発につながるわけです。窓ガラスが割れる程度の爆弾だったはず。それを見て楽しんでいたはずの4人。目の前で起こったのは大爆発で矢波高が火の海という状態。ここからついに逃亡劇がスタートします。トビオ達の運命は!?

見逃し動画おススメ

ロゴ

ハラハラドキドキ逃亡劇がスタートする『僕たちがやりました』をまだ見てない!!見逃してる!!でも見てみたい!という方、大丈夫です。フジテレビオンデマンドがあります。最新話が最速で視聴が可能です。今からでも間に合います!一緒に『僕たちがやりました』をフジテレビオンデマンドで見て楽しみましょう!!

『僕たちがやりました』動画見逃しはこちら

f:id:kreik:20170130231805p:plain

Huluで「ぼくらの勇気~未満都市」8話動画見た感想 ユーリと柴崎の因縁・・・

『ぼくらの勇気~未満都市~』動画視聴はこちら

f:id:kreik:20170130231805p:plain

『ぼくらの勇気~未満都市』8話「ユーリの死」Huluで視聴しました。知ってましたよ、20年前にリアルタイムで見てたドラマなんですから、ユーリ(宝生舞)が死んでしまうってこと知ってましたよ!柴崎(白竜)との因縁も関係も!でもでも・・・タイトルだけで泣いちゃいましたよ!号泣ですよ、この回。

8話感想

ユーリ

7話のラストで既にユーリの手が冷たくなっていることに気付いたタケル(堂本剛)とヤマト(堂本光一)。「ユーリ、あと何時間や?レイジさんは2日やった」とタケル。ユーリはモリ(松本潤)に手を触らせ冷たいかを確認させます。モリは冷たいと分かったけれど言えなくて「冷たくない」と答えます。

「T幕原型」は20歳以上の大人は死んでしまいます。その前に手が冷たくなるという症状が現れます。分かっていることですが自分たちの身近なしかも仲間がそんな状態になるなんて信じたくありませんよね。モリもタケルに「なんとかならないの?どうしたらいいの?」と。タケルは「いつも通りに」といいますが、モリは出来るかな?と不安そう。

とか思ってたらタケルがユーリを訪ねて「どうかな?と思って」って不審すぎますね。ユーリは「ぼちぼち」と。そのあとすぐにヤマトが来て「どうかな?と思って」って(笑)2人して意味なくきたら怪しまれますよね。2人はキイチ(小原裕貴)、マコト、アキラ(相葉雅紀)、モリと集まりユーリについて話し合います。

「ユーリの為に出来ること、何かないのか」と。マコトが「腹いっぱい食べさせてやるとか。きれいな洋服着せてやるとか。行きたいところ連れて行ってやるとか。出来ないことしか思いつかねえよ」と。アキラも本当に心配していました。以前は揉めていた2人。ユーリの拳銃がなくなった時にはかなり殴ったりしてましたけど・・・今ではここまでの仲。

みんなユーリのことを大切に思っています。どうしようか真剣に悩んでいるところヤマトがふと去っていきます。ヤマトが向かった先にはスズコ(矢田亜希子)が冷たい水で洗濯していました。「もうすぐクリスマスだね。去年のこと覚えてる?」と懐かしそうに嬉しそうに話します。ヤマトも笑いながら最初は聞いていましたが、途中でユーリが袋を抱えて歩いてきます。

「どうした?」と尋ねても「何も」と答えるユーリ。「ヤマト?」とスズコが呼びますがヤマトは「ちょっと行ってくる」と言ってユーリを追いかけていきます。嫉妬ですね~スズコの。ヤマト、私よりユーリさんなの?みたいな。今それどころじゃないから!!と思わず叫んでしまいました。

ユーリが持っていたのは火炎瓶でした。全部燃やしてやる、とユーリ。「火をつけたら撃たれるぞ」とヤマトが言いますが「構わない。どうせ死んじゃんだ。ちょっと早いか遅いかの違いだろう」と。ユーリは自分の死期が近いことを知っていました。「やけになってるわけじゃない。ただみんなのためにできることがこんなことしかないんだ」

「だからってこんなことしてどうなるっていうんだよ」「お前は悔しくないのか?ころっと裏切られて。悔しくないのか!」と声を荒げるユーリ。「悔しいよ」信じてた政府に配給を中止されたわけですからね。「だったら何にもしないで黙ってるなんてやっぱり悔しいじゃないか」と火炎瓶を持って再び進もうとするユーリ。

ヤマトは止めようと手に触れます。冷たくなって始めて触れたんでしょうね。やっぱり冷たいんだ、という表情でヤマトはユーリを見ます。「やり残したことがあるんだ。母親の仇をうちたい。撃ち殺されたんだ、柴崎に」と言って気を失いかけるユーリ。「このままじゃ気が収まらない。このままじゃ死ねない」

『ぼくらの勇気~未満都市』1話から視聴する方法

ロゴ

もうもう!結果を知っててもホントに泣けます。続きは是非ご自身で視聴されてください。号泣は見ないと伝わりません!20年前のドラマだし、と諦めていた方大丈夫です。Hulu があります。Huluなら最速で1話から視聴することが出来ます。私もここで現在進行形で視聴しています。Huluで『ぼくらの勇気~未満都市』を楽しみましょう。

『ぼくらの勇気~未満都市~』動画視聴はこちら

f:id:kreik:20170130231805p:plain

Huluで「ぼくらの勇気~未満都市」7話動画見た感想 ヤマト裏切られる!?

『ぼくらの勇気~未満都市~』動画視聴はこちら

f:id:kreik:20170130231805p:plain

『ぼくらの勇気~未満都市』7話「臨時政府」を見ました。感想の前に・・・7月21日放送の『ぼくらの勇気~未満都市2017』の放送が迫ってるからですね!動画の前に予告が流れ始めました!やば――――い!!改めて興奮してきました。「ぜんぶ、なくなった。 みんな、きがついた。 やっと、きがついた。」が1997年のテーマ。「あれから20年。"再会の約束"が今、果たされる。」が2017年のテーマ。ワクワクしますね!

『ぼくらの勇気~未満都市』7話感想

ヤマトタケル

そんなワクワクの中7話、幕原地区臨時政府幹部会議が行われます。幕原の代表者が決まったことで纏まりができたのか各グループのリーダーが集まり、今後の幕原での生活向上の為みんなで意見を出し合っていました。モリ(松本潤)が「バスケやろ」と言うとタケル(堂本剛)は「衣食住で」といいますがモリは「じゃあサッカー」「せやから衣食住やて」と「だからみんなでサッカー」と。

納得のいかないタケルでしたが、今まで力で解決してきたようなグループも「みんなでやろう」や「商品だして」など賛成してくれたこともあり、決定します。その後もタケルの様々なツッコミを放置でいろいろ決まっていきます(笑)ヤマトからは「お前議長とか向いてないんじゃないか」とまで言われます(笑)

その会議で自給自足をしようとなりみんなで種や苗を探します。あるわけない、と諦めていた時にマコトがじゃがいもを発見します。ポケットに入れたところでアキラ(相葉雅紀)とキイチ(小原裕貴)が「何かあったか?」と尋ねると迷ってじゃがいもを取り出すマコト。以前のマコトなら隠れて食べていたでしょうね。ホントに変わったな~と思いました。

隕石が落ちた穴の近くにとりあえずじゃがいもを植えたヤマトたち。「芋になるまでどれくらい?」「さあ?」とかやりとりした翌日。たくさんのじゃがいもがなっていました。とりあえずアルミホイルにくるんで火を通してみたヤマトたち。1日しかたってないのでみんな調理したはいいけど不審に思って誰も食べません。

「よし、じゃあみんなで一斉に食べよう。何かあっても恨みっこなし」とヤマト。一斉の!と声をだしじゃがいもに口をつけます。「あちっ」となるヤマト。周りをみると誰も食べてません(笑)裏切られたヤマト(笑)「で、どう?」と聞かれ「うまい!」とそれを合図にみんな食べ始めます(笑)毒見させられたヤマト。でも誰も責めないところがヤマトですね。

なぜか1日で育ち、味も何も変なところがないと分かったヤマトたちは食べを募集します。「倍にして返します」という素敵なフレーズを付けて。そう書かれたら持っていきたくなりますよね。意外に集まったのかみんなで種を植え、みんなで収穫します。食べ物が沢山食べれる、ということもあり喜ぶ子供達。その笑顔を見て微笑むヤマト。

そんなところに来るのがやっぱりリュウ(徳山秀典)ですよね。幕原幹部会議には来ないくせに。「この芋もらってくぜ」と。「後でみんなで平等にわけるんだ」とヤマト。「甘いんだよ、ここじゃ喰うか喰われるかだ。おい」と他の人に持っていかせようとしますが、その前に立ちはだかったのがなんとモリです。

「これはみんなのものなんだ。あんたたちには渡さない」と。以前リュウたちグループにいじめられていたモリが立ちはだかったことでみんな勇気が出たのか子供達が続々とその後に続きます。リュウたちは何もできずに帰っていきました。ヤマトとタケルは笑ってそれを見ていました。モリも強くなった、たくましくなった、と思って微笑ましかったんでしょうね。

『ぼくらの勇気~未満都市』続きが気になる方はHuluで。

ロゴ

無理だと思っていた自給自足が上手くいき、みんなに笑顔が出てきてすべてがうまくいっていると思えた時、なんと配給が中止されるという事態が起こりました。せっかくうまくいき始めた幕原。困り果てたヤマトに協力してくれたのは意外な人物でした。続きは是非ご自身で視聴されてください。Huluなら最速で1話から視聴することが出来ます。私もここで現在進行形で視聴しています。Huluで『ぼくらの勇気~未満都市』を楽しみましょう。

『ぼくらの勇気~未満都市~』続きが気になる方はこちら

f:id:kreik:20170130231805p:plain