ドラマ部屋

ドラマ、アニメ、好きなものを語っていきます。

ファイナルカット 最終回ついに慶介祥大と対面!最後のファイナルカットとは!?

この記事は亀梨和也さん主演ドラマ、12年前に殺人犯として疑われ自殺した母親の復讐劇×許されざる恋『FINAL CUT』について書いています。亀梨くんこと亀ちゃんが演じるのは中村慶介(亀梨和也)。慶介の母・恭子が経営する保育園の園児が何者かに殺害されてしまい、その犯人としてマスコミから疑われ世間から非難され追い詰められ自殺してしまう、という事件から始まります。

9話最終回

高田慶介

感想

え!?慶介が殺人未遂で現行犯逮捕!?帰宅した雪子(栗山千明)の目に映ったのは慶介と傷を負った若葉(橋本環奈)の姿でした。慶介は高田(佐々木蔵之介)の協力もあり12年前の事件の関係者をあたっていました。小河原達夫(升毅)の事務所に事件当時勤めていた事務員の女性を訪ね当時のことを詳しく聞いたりしていました。

特にこれといった情報がないと帰ろうとした慶介を呼び止めた事務員から聞いたのはSDカードの存在でしかもそれを達夫が処分してしまったこと。更に12年前の事件の被害者家族を訪ねた時に「しょうた」と書かれた人物と被害者少女が描かれた折り紙を発見。改めて小河原祥太が事件に関係していることを確信した慶介たちでしたが、決定的な証拠がない。

「脅すか、姉の雪子を」と雪子をファイナルカット=誰かに見られたらその人の人生が終ってしまう映像で脅すことを決意した慶介は雪子に会いにいきます。そして小河原祥太を自首させることを要求します。すると雪子は「ごめんなさい。私の証言のせいであなたのお母さんが。あなたにもこんなことさせて」と泣きながら謝罪します。

その優しさ、思いやりに慶介もやられたんですよね。ファイナルカットのカードを雪子に渡しますがそのカードは白紙でした。思いあってる2人・・・つらい!と思ってたらそのことに気付き嫉妬に狂う若葉。そのことを小河原祥太と思われる人物に伝えます。若葉はパソコンで小河原祥太と連絡を取り合っていました。

そして嫉妬で狂った若葉は慶介に兄と連絡を取り合っていると伝え家に呼び出します。そしてナイフを取り出し・・・で、冒頭部分に戻ります。雪子が目にしたのは傷を負った若葉とそこにいた慶介でした。現行犯逮捕された慶介。逮捕されてからも黙秘を続けます。でも高田が慶介を訪ねた時に「犯人は、俺です」と自白を始めます。

そんな時、雪子に大地(髙木雄也)から「慶介が逮捕された」と連絡が来ます。慌ててテレビをつけるとそこには逮捕された慶介の姿が。しかも12年前の事件の犯人として。え!?どういうこと!?ですよね。それはテレビを見た小河原家全員でした。自分の息子が、兄が犯人かもしれないと思っている一家。

『FINAL CUT』見逃したら

ロゴ

そしてそのことを追及していた慶介がまさかの犯人。見ているこっちもえ!?なんで!?な状態です。でもこれは慶介のある計画の一部でした。それは一体・・・。気になる方は是非ご自身でご確認ください。1話からみたいけど・・・という方大丈夫です。「フジテレビオンデマンド」があります。しかも見逃しパックなら1話毎よりも超お得に視聴することが可能です。今からでも間に合います。一緒に『FINAL CUT』を楽しみましょう。

火曜21時FINAL CUT見逃しはこちら

f:id:kreik:20170130231805p:plain

『FINAL CUT』8話感想 FINAL CUT突きつけるのはなんと雪子(栗山千明)!?

火曜21時FINAL CUT見逃しはこちら

f:id:kreik:20170130231805p:plain

この記事は亀梨和也さん主演ドラマ、12年前に殺人犯として疑われ自殺した母親の復讐劇×許されざる恋『FINAL CUT』について書いています。亀梨くんこと亀ちゃんが演じるのは中村慶介(亀梨和也)。慶介の母・恭子が経営する保育園の園児が何者かに殺害されてしまい、その犯人としてマスコミから疑われ世間から非難され追い詰められ自殺してしまう、という事件から始まります。

8話感想

慶介高田

慶介に強い味方ができました。幼なじみの野田大地(髙木雄也)と2人だけで12年前の事件の復讐をしていました。自分の母を助けてくれなかった警察、役立たずだと思っていた警察ですがその警察の中に味方がいたことに慶介は胸を熱くします。その味方はなんと高田(佐々木蔵之介)にでした。

慶介は当初高田のことを疑っていました。12年前のことを調べていた慶介に度々警告していましたし。事件のもみ消し、捜査の妨害をしていたのは高田だと・・・でもそれは違っていました。もみ消していたのは警視庁刑事部部長の芳賀(鶴見辰吾)でした。高田は12年前の事件を担当しており、その時から犯人が恭子ではないと思っていたが上からの圧力があり捜査することができなくなったと。

そのこともあり力をつけ、12年前の事件を独自に調べていたと慶介に話します。そして「君のお母さんは無実だと思ってる」と慶介に告げます。芳賀にファイナルカット=見られたら人生が終ってしまう映像をつきつけ、12年前の事件について調べることを黙らせた慶介。高田は黙らせることには成功したけれど安心はできない。

慎重に動くように、と慶介に告げ再捜査に協力します。調べていくうちに小河原祥太が事件の真犯人の可能性がやはりあることを確信した慶介たち。高田は12年前の被害者の母に慶介を連れて会いにいきます。真犯人は別にいることを伝える為に。そこで取り乱した被害者の母親・・・当然ですよね。

慶介ももちろんその姿に胸を痛めます。でもそこであるものを発見します。それは被害者が折った折り紙でした。そこに何かが書いてあるのを発見した慶介。それを母親に開けてもらい中を確認するとそこにはなんと被害者の少女ともう一人人物が書いてありました。1人は被害者の少女、そしてもう一人はなんとしょうたと書いてありました。

でも決定的な証拠にはなりません。どうしても真実を突き止めたい慶介は雪子(栗山千明)を脅すことを決意します。って・・・思いあってる2人なのに!!切ないよ~。好きな人に騙されて小河原祥太のことを知りたいから利用されてただけでもショックなのに更に脅されるなんて・・・雪子~。でもそれを惹かれている人にしないといけない慶介も切ない!!

『FINAL CUT』見逃したら

ロゴ

ホントにするの?慶介、やめようよ~、とかドキドキしてたらやっぱり慶介は雪子に会いに行きました。一体どうなるのか・・・気になる方は是非ご自身でご確認ください。1話も見逃しちゃった・・・もう6話だし話がよくわかんなさそう、という方大丈夫です。「フジテレビオンデマンド」があります。しかも見逃しパックなら1話毎よりも超お得に視聴することが可能です。今からでも間に合います。一緒に『FINAL CUT』を楽しみましょう。

火曜21時FINAL CUT見逃しはこちら

f:id:kreik:20170130231805p:plain

ファイナルカット7話感想 急展開雪子と慶介、そして黒幕判明!

火曜21時FINAL CUT見逃しはこちら

f:id:kreik:20170130231805p:plain

この記事は亀梨和也さん主演ドラマ、12年前に殺人犯として疑われ自殺した母親の復讐劇×許されざる恋『FINAL CUT』について書いています。亀梨くんこと亀ちゃんが演じるのは中村慶介(亀梨和也)。慶介の母・恭子が経営する保育園の園児が何者かに殺害されてしまい、その犯人としてマスコミから疑われ世間から非難され追い詰められ自殺してしまう、という事件から始まります。

7話感想

雪子若葉

ちょっとちょっと――――!!急展開すぎます!慶介と小河原雪子(栗山千明)!!妹の若葉(橋本環奈)がちょっと可哀そうです!やっぱり慶介が心惹かれたのは若葉ではなく雪子でした。若葉は高橋守というのは嘘で慶介の目的が兄小河原祥太について知ること、ということが分かっても慶介のことを諦めきれなくて「兄のこと調べるの手伝うから恋人にして」とまで慶介にお願いしにいったのに・・・。

6話で雪子に自分が12年前の事件で母を亡くした早川慶介であると告げた慶介。そして同時に雪子の兄が真犯人だとも告げます。でもその衝撃の事実を受け止められない雪子は「お母様のことはお気の毒です。でもあの事件の日兄は家にいました。不審な点があれば警察に捜査されたはず。でも何もなかった、あなたも警察官ならわかるでしょう?」と反論。

「誰かが捜査を妨害した」と慶介が言っても「変な言いがかりはよして。これ以上私たちを巻き込まないで」と去っていってしまいます。そして雪子だけでなく『ザ・プレミアワイド』側にも警察官であることがバレてしまった慶介。ミスターメディアこと司会の百々瀬塁(藤木直人)の指示で慶介のことを徹底的に調べる『ザ・プレミアワイド』メンバー。

「みんなはりきってますよ」と百々瀬に報告する井出(杉本哲太)。そうですよね、だって張り切ってる真崎(水野美紀)、小池(林遣都)、皆川(やついいちろう)はみんな慶介に今までファイナルカット=誰かに見られたらその人の人生が終ってしまう映像で脅されていたメンバーなんですから。

「目には目をカメラにはカメラをというわけで中村慶介の徹底した取材Vをやつに突き付け、我々が強請られた卑劣極まりない動画を取り戻し、そのVをオンエアで流してしまえば・・・」とこちらも自身が脅されていたからいい復讐ができると言わんばかりに張り切ってる井出が百々瀬に言います。

でも百々瀬は「ただつるし上げて気を晴らしてもしょうがない。もっと有意義に使わないと」と熱くこれからを語る井出を遮ります。「と、いいますと?」と尋ねる井出に「もっと面白く」と何か思いついたようなご様子のミスターメディア。企んだ目が怖いです。さらに慶介の正体が12年前の事件の重要参考人の息子だと警視庁刑事部部長の芳賀(鶴見辰吾)にもばれてしまいます。

呼び出された慶介、これはまずい、と思ったらまさかの活躍した事件でのお褒めの言葉。でも「君は12年前の事件の息子さんだって?なぜ警察官に?」と問われ「過ちを正すために・・・。正義の警察官に憧れました。微力ながら貢献できたらと思って」と笑顔で答える慶介。「よく言ったこれからもよろしく」と芳賀。

『FINAL CUT』見逃しても大丈夫!

ロゴ

慶介が退出すると「監視するように」と芳賀は高田(佐々木蔵之介)に命じます。一体どうなる慶介!?雪子とのこともですがそのほかに急展開ばかりの7話・・・気になる方は是非ご自身でご確認ください。1話も見逃しちゃった・・・もう6話だし話がよくわかんなさそう、という方大丈夫です。「フジテレビオンデマンド」があります。しかも見逃しパックなら1話毎よりも超お得に視聴することが可能です。今からでも間に合います。一緒に『FINAL CUT』を楽しみましょう。

火曜21時FINAL CUT見逃しはこちら

f:id:kreik:20170130231805p:plain